上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日、またまた獣医さんに行きました。肘がプックリしてしまったのです。原因はいつものイゴーマ。12月に獣医さんに行ったのに…なかなか改善されません。。。簡単な手術ではあるけれど、場所が場所なだけに傷が治りにくい恐れがあるので、先生として出来れば避けたい様なのです。
でも、毎回こうなるのも困ってしまうので、もしまた再発した場合は切りましょう。。。とのお言葉を頂きました。
私達もやれることはやったつもりなのですが、留守番時の小屋の中での出来事となると…本腰を入れて、洋服を作る前に「肘サポーター」を作らなくてはなりません。

こちらの診察料金は1回あたり約30ユーロ前後(日本円だと4200円ぐらいでしょうか。因みに私の診察料金は1回あたり32ユーロ)時間外や、休日の診察となると2倍の値段が取られます。
何故だか聞いた事は無いのですが、家の周りの獣医さんの診察時間って
月~金曜日 17:00~19:00
土曜日   10:00~12:00
たった2時間しか受け付けていないんです。。なのでそれ以外だと急患を受け入れてくれる病院まで行かなくてはなりません。
コレは、ベルギー全体がそうなのか分かりませんが…一体この2時間というのはどういうものでしょう。。それ以外はどこで何をしているのでしょうか。。馬とかの往診なのか…本当に不思議で仕方がありません。。
20060121223430.jpg

最初はクンクン落ち着かなくても、診察が始まると無言のKAÏ。(きっと怖くて声も出ないのだと思います…)先生の言う事をよく聞いて、じっと痛みに耐えていました。
いつもの事ですが、またまた今日もカラフルな包帯を巻かれて終了。
今までは、青、緑、黄色…そして今回は「赤」一体何色あるのか分かりませんが、何故かいつも違う色というのも可笑しい。
20060121223802.jpg

今日の一言 byKAÏ父
ちょっとまた歩きにくいかもしれないけど…頑張って完治させようね。KAÏ!

ブログランキングに参加しました。よろしく願いします!

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。