上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月下旬・・・KAÏの未来のお嫁さんが生まれるはずだった。。。
色々とブリーダーを探して、KAÏのお嫁さん探しをしていた私たちは、引き取り可能圏内で、ドイツ、フランス、オランダ、チェコ・・・といろいろ検索して、ドイツのブリーダーさんとフランスのブリーダーさんとコンタクトを取っていた所・・・11月下旬に生まれる子犬のWaiting Listに載せてもらう事が出来ました
ところが・・・
生まれた♀が少なくって、今回の嫁取り計画は失敗に終わってしまいました・・・

現在の動物検疫は・・・
① マイクロチップによる個体識別
② 2回以上の狂犬病の予防注射
③ 狂犬病の抗体価の確認
④ 180日間の輸出(帰国)待機を行ったこと
⑤ 狂犬病及びレプトスピラ病(犬のみ)にかかっていないか又はかかっている疑いがないこと

動物・畜産物の輸入手続き
http://www.maff-aqs.go.jp/tetuzuki/index_3.htm#chikusan

ということなので、要するに・・・子犬を日本に連れて帰ることが出来ないということになります。日本での係留期間を短くしたいのであれば最低でも10ヶ月はここで過ごさなくてはなりません。
条件に満たなければ、日本での係留期間が延びる・・・これはブリーダーさんも人格・・・犬格形成において好ましくないという事なので、やっぱり10ヶ月までは帰れません。。。

おまけに、こちらでは狂犬病病の注射は3年有効という事なので、日本のように1年に一回ではないのです。そんな注射を、帰国するからといって1ヶ月空けて2回打つというのはあまりに獣医さんの「何でそんな可哀想な事をするんだ!」という気持ちもよ~く分かるので、KAÏもやっとこの間2回目の注射を終わったところなんです。これから抗体検査をしなくてはなりません。。。

私たちもいつまでここに居るのか分からないので、期間を考えながらいろいろ進めなくてはならないので・・・今回、KAÏの嫁取りが失敗に終わるというのは、かなり深刻というか、残念というか・・・嫁がもらえないかもしれないという事態に陥ってしまう訳です。
20051206172031.jpg


こんな寝息を聞きながら「どうしようか・・・」と悩んでいると、また違うドイツのブリーダーさんから連絡が入りました。

来年の初夏頃に子犬が産まれる予定らしいのですが、その♀のWaiting ListのTOPに私たちを置いてくれるというので・・・少々時期が予想とはずれましたが、なんとかKAÏに嫁さんを迎えてあげられそうです

スポンサーサイト
コメント
こんにちは。
コロちゃん(ワンちゃんだよ)のママです。覚えてますか。
コロちゃんは写真だけだったけど・・。
KAIくんのお嫁さん来るの延びちゃったんだ。
会えるの(連絡)ちょっと期待してたんだ。
KAIくん今度はぜひ、コロちゃんといっしょに遊んでね。
小型犬だから遊び相手にはならない??かな。
よろしく!
2006/03/06(Mon) 19:11 | URL | コロママ | 【編集
コロママさん♪ご無沙汰しています!!!お元気でしたか???
KAÏのお嫁さん・・・以前の予定よりは遅くなりましたが、もう直ぐやってくる予定です!!
KAÏの時はトイレのしつけも終わっていたので楽チンでしたが・・・今回は覚悟しています。。。
また予定が決まったら連絡させていただきます!
次回はコロちゃんも是非是非ご一緒にv-353
2006/03/07(Tue) 06:31 | URL | KAÏママ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。